睡眠美容のゴールデンタイムは自分でつくる。

美肌をつくるゴールデンタイム。

未だに22時~2時までの間だと信じている人が多いようですが、美肌をつくる成長ホルモンは「よーいドン」で、みんな同じ時間には分泌されません。
成長ホルモンは、深い眠りに就いて分泌されるものなので、何時に寝ようがぶっちゃけ必ず分泌されます。

ただし深い眠りに就いて1~3時間が成長ホルモン分泌のピークなので、その間に起きなきゃいけないシチュエーションや、

眠りの質を高めるメラトニンを阻害するような不規則な生活をしていると(起床時間バラバラ、昼間太陽の光を浴びない、夜電気明々など)、

出るべきものが、
ちゃんと出なくなるので、

美肌をつくる成長ホルモンをしっかり分泌させたいなら、睡眠習慣を整えることが前提です。

例えば3時に寝て5時に起きる場合、

成長ホルモン絶賛分泌中に起きることになるからもったいない。

さらに、起きる準備や脂質代謝に関わるコルチゾールというホルモンは起床時間の3時間前に分泌し始めるので、

成長ホルモンの分泌タイムがコルチゾール分泌タイムに被ると、どっちも分泌不足になります。

もし6時に起きるとすると、

逆算して、

コルチゾールが3時から分泌始めるから、

それまでに成長ホルモンをしっかり分泌させておきたいなら、やはり0時前に寝ないとアウトです。

のび太並に3秒で寝れるならオッケーだけど、寝入りが悪い人はそのことも考慮して早目にベッドに入るのがベスト。

それともうひとつ大切なことが。

成長ホルモンをしっかり分泌させても、寝ている間に肌の修復に6時間はかはかるので、最低でも6時間寝ないと肌がボロボロのまま。

それでも良ければ好きな時間に寝起きしたらイイと思います。

こーゆーことを踏まえて計算し、ゴールデンタイムが作られたんでしょうが、

要するに、

不規則な生活、夜更しや睡眠不足はお肌の大敵ってことなので、早めに寝る習慣と、いつも同じ時間に起きる習慣が大切。

しかし、ひとりひとりのライフスタイルが違うから、みんなと同じでなくて良いので、自分に合わせた睡眠を設定したら良いと思います。

ちなみに、寝る前の2時間前に入浴するとスーッと眠りに就きやすく質の良い睡眠がとりやすいです。

なんでか?

それはまた別の機会に書きます。

byカオリクドウ

ビューティライフを生きる。

心が満たされる生き方と美学。

0コメント

  • 1000 / 1000