天然ハーブのホットパットで温活・美習慣。

私は天然ハーブのホットパット(首に当ててる黄緑のやつ)にベトナムのスパで出逢って以来、かれこれ5~6年間飽きもせず、夏も冬も1年中、首、肩、胸元、お腹、足元などシーンに応じてずっと愛用しています。

使い方は簡単でレンジで2分間チーンして、温めたい部分に当てるだけ。温まるとハーブの優しい香りが漂ってきて身も心も温まる感じです。

しかし、カラダは温めさえすれば良いと思ってる方も多いようですが、温める事だけが良いってわけでは無くバランスです。 

寒い時に手が冷たくなるのは、身体の深部を温めることを優先しているカラダの正常な機能なので、手が冷たいのが悪い訳では無いし、常に手が温かいから良いと言う訳でもありません。

体質を1つ1つチェックすると大体分かりますが、自分ではなかなか確認が難しいので、自律神経を整えるカンタンな習慣でオススメなものがハーブのホットパット。

温めてポカポカがずっと続くのではなく、時間と共に自然と冷めていく過程が自律神経にバランスよく働きかけてくれます。

ハーブパットは温かさが15~20分続いてジワジワ~って、冷めていくのでもってこいです。

ティアラー(tiaraのサロンの永年のお客様)の皆さんもハーブホットパットを愛用されていて、今で言う「温活」を習慣にされたいます。

温活習慣は私もずっと続いています。

しかし2年前までの一定期間(丸2年間のみ)、産後ほとんど飲んで無かったルービーを何を血迷ったのか調子にのって毎日飲んでいました。

仕事が終わるとホットパットでせっかく温めながらも、ルービーをまっさきに飲んでいました。

せっかく温めてるのに、
内臓を冷やしてる的な。

温活の意味がないデスね。

↓2年前|ω-`*)
しかしある日「このままでは命取り」だと気づき、ピタっとやめて今では一滴もアルコールは飲みません。

て言うか飲まない習慣になると、アルコールを受け付けなくなってしまいました。

だからホットひと息には、ルービーではなく、もっぱらハーブティやスパイスティ、紅茶キノコなどを愛飲しています。

ルービーを飲んでた頃と何が違うって、一番分かりやすいのは、肌状態と代謝力。

内臓脂肪や体年齢も全く違います。ちたみに今の体年齢は21歳。体重もルービーを毎日飲んでいた頃は7~8キロ増えてました。

今思うと寝ている間の細胞の修復も全くせずに、アルコール代謝のみに内蔵が働いてた気がします。

私は元々お酒は弱いけど若い頃は楽しく飲むのが好きだったので、アルコールを否定する訳ではありませんが、

アルコールが習慣になると確実に身体にもお肌にもダメージがくるし、いくら温活しても殆ど意味がないので、身体に不調があって温活をされている方は少し心がけたほうが良いですね。

ちなみに、スイーツも温活の意味がなくなりやすいのでご注意を。

また、半身浴などで温め過ぎにもご注意ください。体質によっては、合う人、合わない人がいますので。

無理な美容健康法ではなく、自分が心地良い方法が何よりですし、何事もほどほどが一番です。

私がハーブのホットパットを永年おすすめしているのは、カンタンに誰でもできるし体質も問わないからです。

ちなみに私はこだわり症なので、アジアからヨーロッパまで、海外各地から色んなハーブパット系を取り寄せて数十個試した結果、今愛用中のモノを超えるモノにはまだ出逢ってません。

パットの中身の内容や形状の関係でどれでもオススメって訳ではないです。まぁ、百聞は一見に如かずなので色んなモノを自分で試すのも良いとも思います。

ちなみに、このハーブのホットパットは価格も優しく人気でなかなか手に入らないので、

「カオリクドウ公式LINE」にご登録の方を優先に、欲しい方には入荷次第先着順にご連絡差し上げます。

✶カオリクドウ公式LINE
※公式LINEでは、セミナーやイベント情報配信や、LINEユーザーの方からのお問合せも承っておりますのでご登録よろしくお願いいたします
※公式LINE登録法は下記のブログを参照ください
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・お問合せ、ご要望、お仕事依頼(セミナー、執筆等)は下記のメールにて承っております。
✶メール
httiara@gmail.com
・・・・・・・・・・・・・・・・

ビューティライフを生きる。

自分が満たされるココロのあり方や生き方。

0コメント

  • 1000 / 1000