人の中にも答えはある。

「答えは自分の中にある。」

と言うけれど、
無い場合もあります。

無いというより、
分からないとも言います。

人と接したり、
傍から見ている時に、

何かを強く感じたり、
やけにザワついたり、

どちらかというと、
マイナスの感情が溢れるとき。

そんな時、

イヤだと思う前に、
「人は自分の鏡」って
ことを思い出すと、
「あ」って気付かされます。



そういう時は
大体2パターンあって、

嫉妬や妬みや羨望、

または、

本気でイラッとする場合。

後者の場合は、

自分にも人にイラッとさせるような面が無いか振り返り絶対に真似をしないようにします。

前者の場合は、

人と自分を比較をした結果、
表れる感情です。

誰かと比較をして、相手の方が優れていると感じた場合に嫉妬や妬みと言う感情が出てきますが、

比較して優劣を付けているのは当の自分だと知ることです。

嫉妬や妬みからは何も生まれないし、良い事は何もありません。

しかし、

そう言う感情ほど執着して、ずっと悶々とした気持ちだけが残るので、

自分の中で消化できるまで徹底的に正面から向き合って、自問自答しながら嫉妬の中身をじっくり紐解いて行くと、

同じような面を自分の中に見つける事ができます。

すると、嫌な感情だったのが、感謝の気持ちに変わり、

自分のことがよく分かり始め、さまざまな事に気付かされます。

そこまで来たらこっちのもので、

嫉妬要素だった事柄を誰にも負けないくらい良い方向に伸ばす努力をしたり、今の自分に堂々と「YES」を出せば良いのです。

人の素振りや行動の中から自分の答えを見つける作業は辛い事も多いですが、

必ず成長に繋がります。


ただ、

自分のことをよく理解していなければ結局は何も導き出せないので、

自分を内からも外からもよく見つめ、対話して、自分の良い理解者になることが前提と言うことになります。


「やっぱ、答えは自分の中から出てくる」ですね。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カオリクドウ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Instagram
https://www.instagram.com/kaori_kudo
Facebook
https://www.facebook.com/kaoribmj
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40kaori_kudo
BLOG
https://ameblo.jp/holistictherapytiara




ビューティライフを生きる。

心が満たされる生き方と美学。

0コメント

  • 1000 / 1000